カーテンの縫い方
「ヒダ」について
採寸方法
価格表の見方
価格シミュレーション
カフェカーテン
スタイルカーテン
共布カバーリング
ブラインド
均一価格カーテン




 



駐車場完備
ゆっくりとお選びいただけます。

営業時間         

10:00〜20:00

お問い合わせ      

奈良市右京1-3-4
サンタウンプラザ
すずらん館 1F 
(近鉄京都線高の原駅すぐ)
電話番号:
0742-71-7811

カフェカーテンのスタイルカフェカーテンコレクション
人気のスタイルと吊り丈と窓のバランス     当店でお求めいただける商品を紹介
店頭では約200種類の商品からお選びいただけます

■カフェカーテンをより美しく見せるコツ

カフェカーテン(ショートカーテン)をより美しく吊るためにはちょっとしたコツがあるのをご存知ですか。ご購入の前に是非ご一読ください。

優雅なドレープを演出するためには窓幅のおおよそ1.5〜2.5倍の生地が必要になります。また、切り口や縫い代を室内から見せないようにするために、カラム(パーツ)の数は偶数必要になります。下の例のような布生地の場合にはポールを通す穴の数が偶数になるようにお買い求めください。

◆カラムの数が偶数
縫い目の処理が表から見えなくなります。

◆カラムの数が奇数(お勧めしません)
片側の切り口や縫い代が室内から見えてしまい、左右のバランスが悪くなります。

カーテンを上から見たときには下の図のように見えます。

■お気に入りのカフェカーテンをオーダー

1)ショートカーテン用に織られた反物からオーダーする場合

縦の長さに対し:吊りたい長さを決める
ヨーロッパの美しい窓辺やお気に入りのインテリア雑誌を参考にしてください。
横の長さに対し:ポールに通す穴の数が偶数個で窓枠の1.5〜2.5倍程度になる長さ。ギュピールレースを飾るときも適度なドレープ(ひだ)をとることにより、外から見えにくく目隠しにもなります。

2)カーテン用の大きなレースの反物からオーダーする場合

生地幅(使用する生地の量)は窓のサイズの約2.5倍になります。
例えば、70cmの窓幅の場合にはヨコに約175cmの生地を使用します。出来上がりのサイズは右のようになります。レースの反物だけでなく、薄手のプリント生地を選んでみるのもお勧めです。当店取扱レース生地はシームレス(縫い目なし)対応の商品も数多くございます。


当店ではヨーロッパ直輸入生地を使用した、オーダーカフェカーテンの通信販売を行っています。
貿易専門スタッフによる無駄なコストを省いた輸入システムにより他店を圧倒する高級レースをお求め安い価格にて提供しています。<通販サイトはこちら

(c) MATSUI Co., Ltd.