駐車場完備
ゆっくりとお選びいただけます。

営業時間         

10:00〜20:00

お問い合わせ      

奈良市右京1−3−4
サンタウン高の原 1F (近鉄京都線高の原駅すぐ)
電話番号:0742-71-7811

東部ドイツ(旧東ドイツ)ではカフェスタイルでシンプルにきめる窓辺が印象的でした。

シンプルな窓辺にはゼラニウムの赤とのコントラストが美しいく、前庭のない家が多いのも特徴でした。

カフェスタイルのアレンジ

カフェカーテンを吊る高さは窓によって様々です。必ずしも窓枠から吊りはじめる必要はないようです。飾る人の個性やレースの個性で自由にアレンジ。

ゼラニウムとのコラボレーション

窓の外にゼラニウムの鉢植えを飾るのはザクセンやバイエルンなどに多いスタイル。カフェ以外のシンプルなカーテンとの組み合わせが愛らしいスタイル。

ゼラニウム鉢という、下部にも芽を生えさせる穴のある専用の植木鉢へ植え付けます

セパレートスタイルのアレンジ
日本でもおなじみセンタークロススタイル
日本ではあまり見かけないスタイル。予め三角形に切ったレース生地にギャザーをつけて窓へアレンジ。当店にも見本として数点展示してあります。
ノート:旧東ドイツ地区のプラウエン(plauen)市近郊にはギュピールレース織工場がたくさんあります。上品で伝統的なプラウエンレースに飾られる窓辺は日本人のあこがれるヨーロッパの窓辺そのものでしょう。
当店では伝統的手法にて織られたプラウエンレースのカフェカーテンやテーブルクロスなどを直接注文して織っていただいています。一反の長さは約13mなのでお気に入りのデザインはお早めにお求めください。

プラウエン市公式ウェブサイト http://www.plauen.de/

2001年10月撮影

ヨーロッパ窓紀行・西部ドイツ編はこちら

(c) MATSUI Co., Ltd.